2018年5月2日水曜日

ライスポカップ第1戦に行って、、ません!!

前の更新からだいぶ経ちましたが、生きています。

毎年度のことですが、建築の年度末は忙しいです。去年は夏に暇だったので、これじゃいかんと仕事くださいって言ったら年度末までガチンコになりました。営業って難しい。

加えて今年は資格を一つ取ろうと思ってなかなか忙しいです。レースは試験が終わるまでお預け。会社勤めのときは他の部署の資格は関係ないもんね。自分でやると自分か社員で要るんだ。当たり前か。


そんなこんなでKLXはステムばらして放置してます。

試験の予定では3戦目は出れそうなので、それまでには作りたいですね!


1戦目はYZに初参加の人が乗ったので整備だけしました。

もう旬がはるか前に過ぎ去ったご老体ですが、まだ頑張ってます。油脂の交換、ハンドルの交換、キャブのそうじ、各部調整などなど。楽しんでもらえたみたいでよかよか。



それなりにDRZを直して私も出かけてました。シーズン初めはここだね。

DRZはヨシムラマフラーが爆発してから純正付けたり他のマフラー加工して使ったりしてましたが、最近これにしました。
これが抜けがよくて気持ちよくレブまで回ります。耳痛くなる音ですけど。

装着してから平日に組合の走行会があったので走ってきました。なかなかいい感じ~。タイヤが街乗りタイヤなのであまり攻めれなかったですが、久しぶりのスポーツ走行楽しかった!!

ぺみなむと久しぶりに一緒に走りましたが、めきめきと上達している!これは近い将来負ける(断言)
この走行会のしばらく後に開催された1戦目は盛り上がったようで私も行きたかったです。

ブハーーッww

ぺみなむとYZに乗ったngoくん!

このあとコケる人 

出た人も応援に行った人もみんなお疲れさまでした!!私は夕方まで模試してました!!







今年もご安全に!!









2017年11月14日火曜日

KLXのフォークどうすっべか。その1

第1戦ではリヤサスが壊れ、第2戦ではフロントフォークとキャブが壊れ、第3戦はKLXを放置してYZで出ましたが、来年もKLXで出たいのでなんか直します。

フォークスプリングもリヤと同じメーカーの買って去年組んだんですよね。もうジャンプの着地で底付きなんてレベルでない。ダンパーもぶっ壊れて抜けました。もうアレ直すのイヤ。

なんかフォークごと替えたいっすな。

そこでDRZ-Sの正立フォーク!

MAX号を組んだ時に気付いたんですが、YZ250FとDRZ400Sはホイールハブ、シャフト、カラー、キャリパーステー、みんな共通。さらにKLXはシャフト径が違うもののキャリパーステーは同じ。

案外、DRZ-Sの正立フォークがネックに納まれば、ローターやサポートは使えるのでは?

周りの仲間ではDRZ-SにSMやRMZの倒立フォークに替える人が多く、Sのフォークは余ってたり。#96様に貸していただけることになりました。あざーす!

さっそく引き取ってきました。

キャリパーステーはやっぱり同じですね。SMは違うんですけどね。Sのフォークの方がちょっと長いですね。しかし径が太くてゴッツイですなあ。期待できます。

ステム周りをバラシていろいろ調べます。

左がDRZ、右がKLX。DRZは下がウイング形状。シャフト太さ長さ、ベアリングなど調べます。 

         KLX     DRZ
ベアリング    上46.7Φ   52Φ
         下55Φ
シャフト径    25.5Φ    27.5Φ
シャフト長    192㎜    185㎜
シャフト圧入径  31.5Φ    31.5Φ
フォーク長    914㎜    930㎜

こんな感じ。ベアリングカラー径はKLXの方が上は細いし、シャフト全長もDRZの方がだいぶ短いし、フレームネックの方を改造してDRZシャフトを使うのは難しいかなあ。

ここでステム裏側を見て圧入してあるシャフト径を測るとだいたい同じ!!31.5Φ!

ということで、DRZステムにKLXシャフトを移植するという方針でいきましょう。

セットポイントへ外注(ノ ̄Д ̄)ノ彡┻┻

細かいこと言うと、DRZの圧入深さの方が1㎝以上深い。KLXシャフトを移すと圧入長さ足りない。圧入径もノギスで測っただけだから圧入できる誤差かわからない。なんとかしてくれるでしょう。

ホイールはどうしましょうかね?

左はSM。右がKLX。KLXはDトラッカーXのローター付けてます。KLXホイールを使うと、キャリパー、ローターはそのまま使い、ホイールのベアリングを15Φから20Φに打ち替えてカラーを製作。

DRZホイールを入手できれば、ホイールはそのままで、ローター、サポートを320Φに変更かな。ステムが帰ってきたら、とりあえずガレージにあるSMのホイールとアクスルで実験してみようと思います。

つづく





2017年10月10日火曜日

ライスポカップ第3戦に行ってきたよ!

朝や夜にだいぶひんやりする今日この頃ですが、この日はドピーカンでした。澄み渡る青空!!ナンダカンダ今年は全戦晴れで全戦ダートありの良い年でした。

なんでか?って私がレインタイヤ買ったからですよ・・・。

まあそれはそれとして、テント村の設営です。私はここんとこ仕事が忙しくて、前日に最低限のメンテしかできなかったので、忙しくセッティングします。

バタバタやってるあいだにブリーフィング。きれいどころもいます。

Dトラは前々回に後ろサスをぶっ壊し、前回に前足とキャブをぶっ壊し、全然直す暇なかったので、今回はカフェオフェンス練習車のYZで出ます。これ乗るの2回目です。

前回は「おっ古くてもさすがレーサー!速いがや!」って感じで簡単にDRZのタイムを上回ることができましたが、今回はどうでしょうか。

<<練習走行>>
前回乗ったマサヲくんとセッティング違いすぎた。合わせるの苦手じゃないですが、これは無理やわ。早々に退散。

<<予選>>
なんとなくサス合わせて一生懸命走りますが、なんか、こう、エンジン伸びないしグリグリ曲がりません。嫌な予感がします。

<<ヒート1>>
ちょうど真ん中へんです。上位は若手だらけ。中盤におっさんだらけ。世代交代を感じます。

嫌な予感が的中しました。前にyamisaka氏、後ろにきのぱん。yamisaka氏抜きにくいんだよ。キノパンと一緒に走るとワシ転ぶんだよ。これはスタート頑張らないと!!
で、緊張のスタート!
大失敗!!!!

400㏄と650㏄のトルクに完全に負けました。

登りもあって表ストレートで離される。

インフィールドで軽さを活かして追いつく

立上り~裏ストレートで離される

えーこれが10周続いて終わりです。yamisaka氏がキノパンを抜いて順位が変わって、そのキノパンを2回刺しましたが、ゴールラインまでに盛り返されて負け。ぐやじい。


<<ヒート2>>
ダート有りです。ヒート1でクタクタになっていたので、へろへろスタートして1周してから後ろ見たら誰もいない。ドベでした(笑)。


こりゃいかんと精いっぱいプッシュします。なんとか何台か抜いたなあと思ってたら背後に黄色いDRZが。トップを走っているはずのmeemにラップされるのかな?と思って譲ったら・・・

yamisaka氏じゃねえか!(怒

彼はスタートでフライングのペナルティを受けてドベスタートになったみたいです。それが追い上げてきてたんですな。なんだよ、ヒート1の仕返しにハイパーブロックしてやればよかった。


そんなこんなでケガ無く最終戦も終わり、

わがカフェ・オフェンスは!!!

マスターがAクラスシリーズチャンピオン!!

meemがBクラスシリーズチャンピオン!!

ぺみなむがCクラス2位!!


という華々しい結果になりました!特にmeemは3戦6ヒート全優勝の完全優勝!今年突然の目覚め(笑)。一番練習熱心、研究熱心な彼には当然の結果かもしれませんが、どんなレースでも勝つのは難しいものです。

表彰インタビューで私のことにも触れてくれてうれしかったです。(恋愛は全然ダメですけど)おめでとう!!

他のみんなも頑張って楽しみました! 

お疲れさまでした!また来年も遊ぼうね!!