2017年7月18日火曜日

KLXの修理と今後。

ヒート2でガス欠症状で止まっちゃったので、その原因を探ります。

何とか始動できる、アクセル開けるとダメ。これはスローはいいけどメインがダメって感じで、
・メインジェットなんか詰まった
・ニードル上がらない
・キャブにガソリン来てない
などなど考えられます。

とりあえずバラシて摘出。純正のCVキャブです。メインの番手だけ自分で替えてます。

どのバイクでもそうだけどめんどくさい。KLXはシートフレームがメインと一体なのでシートフレームごと外して後ろにずらす、という戦法が取れない。後ろのエアクリのダクトを先に外します。

ホース引っこ抜きながら供給されてるか確認します。いいんじゃない?

開けました。きれいなもんです。オーバーフローしてたのもこの前直したので油面も栓もいい感じ。

MJ外します。まったく詰まってません。じゃあニードルかな。

上蓋はずしてダイヤフラム点検します。これが破れてニードル上がらないのかな?と思ってましたがきれいですねえ・・・。これ部品が高いからホッとしましたが。

じゃなんだ??・・・ん? バネが上下さかさまでは!!このバネは写真右の片側だけ端部が水平に加工してあります。現状ニードル側は切りっぱなしの端部が台座にハマってます。

バネが押されて端がはみ出て、通路に引っかかったみたいですね。は~~、こんなことで(泣

反対に組み直して動作確認して復旧!おわり。


キャブって調子よければ下手にバラさない、というマイルールがありますが、今回はそういうやる気のない傾向でリタイヤしたんですな。

前の使用者はニードルにかさ上げのワッシャーかましてました。いろいろ工夫してたんですね。そのとき組み間違えたんでしょう。



他にも今回のレースで不具合がいろいろありまして、
・フォークがダートのジャンプ着地に耐えられない。底突きする。
・フォークダンピング無くなった。なんか壊れた。
・高速右コーナーでフロントあばれる君。

みんなフォークじゃん。この前社外リヤサスは返品しましたが、フォークスプリングも同社製を使っています。名前は強化スプリングですが、全然強化になってません。

先日メーカーのおねえたんと話しましたが、フォークもリヤもレースを想定してません、と。だからフロントスプリングも変形して縮む可能性があります、と。あかんがな。もう丸ごとなんか移植しようかな。



タイム的にあと1秒詰まるともう少し他車種と張り合える気がします。ストレートの抜かれるスピード差ハンパないので、もう少しエンジンパワーほしいなあ・・・。




ハイカムほちい。

ライスポカップ第2戦に行ってきたよ!

暑いだろうと思ってたけど、マジで暑かった。

朝のテント張りから汗だくです・・・。

ダミーグリッドにテント張ってもらえました。陰に入れる人数はわずかですが心づかいがありがたいですね。


今回は自分的にはKLXのリヤ周りを直しましたので、それなりに走れるかどうかがミソです。組んでから1回も乗ってませんw。

朝の練習走行から「おおっ!?いいでないの!」という感じです。練習走行は54秒、予選は53秒、がんばったら52秒台は出そうです。ヒート1で出ました。

ヒート1はいい感じでバトルしますが、ストレートで離されインフィールドで追いつき、なパターン。何台か抜かれてコケて後ろにいたキノパンにも最後に抜かれて終わり。順位はあかんですが、本人的には前回と比べて超楽しい!!

ヒート2は同チームのWRたちに引導を渡すべくダートもがんばって走りますが、序盤から何やらガス欠症状が・・・。

おかしいなあ。給油のタイミングからすると無くなるはずないんだがなあ・・・。

そして中盤、第2ダートでバンクしてる時に完全にエンジンストップ。立ち上がれずにそのまま転倒。再始動できず、終わり。ヒートが終わるまで立って待っててヘロヘロになってバイクを押せなくなりました。A川さん押してくれてありがとうございます。

他にも応援の方々いろいろありがとうございました!!


12インチも2台いました。水冷85は速いなあ~。

エクストリーム車も出場してたり。この何でもあり感が実にモタードでいいですね。



で、他の面々は・・・

meemはヒート1、ヒート2とも制して完全優勝の2連勝!!おめしゃす!もうBに来るな!

今回ウチのYZに乗ったまさおくん。初レースでありながらがんばりました!ヒート総合で3位お立ち台!!おめでとう!

えみなむも初表彰台!3位おめでとう!!暑い中がんばりました!

kndさんはヒート2バテてヘロヘロでしたが総合2位!!おめでとう!

ヘロヘロなのか、前回2連チャンで捲れたのを反省してるのか。

エイジさんもがんばった。タイム更新が続いています。次は勝つ。

キノパンのXRは進化してる。今回は用事があってヒート1で終了。次は勝つ。

 パセリ君は暑さに負けた感がある。不本意だったそうで次回は弾けろ。そして叩き潰す。

MAX・・・(´へωへ`*)




暑かった~つかれた~





2017年6月27日火曜日

KLXを走れる状態にしたよ!たぶん!

前回のレースでヒートごとにリヤサスが縮んでいく笑いごとがあったのですが、結局そのバネはメーカーに返品となりまして、KLXのバネが無い。

で、meemくんがKDXのサスがあるということでもらってきました。あざーす!!

ウチに帰ってビニール袋から出した瞬間にバンプラバーが砕け散りました(笑)。KDX220のサスとリンクなど。

細かいレートや自由長なんぞ全く知りませんが、どうせ似たようなもんでしょう。ショック本体の寸法をだいたいあたります。

右がKLX、左がKDX220。5㎜ぐらいKLXが長い。ショック本体は何㎝かKLXの方が長い。意外と違うもんですね。

取り外したバネの自由長は253㎜ほど。KLXの仕様書だと255㎜、使用下限が250㎜。ええ感じです。 

サクサクはめかえます。Fマークが自由長、1㎝ほどプリロード掛けました。どれもそうですけど組んでからやりにくいのでゴリゴリ締めときます。

上がKLXの117㎜リンクプレート、下がKDX220の112.5㎜リンクプレート。これで車高アップとレートアップを狙います。

意外とすんなりボルト入った。でもジャッキアップして後輪が下がった状態だとちょうどおむすびとスイングアームが当たります。当たってボルトが入らないのではなくて、入るけどすべてのクリアランスがゼロ。

さて・・・(サンダーを取り出す)

前に同じことやったなあ・・・。

削った分だけクリアランスになりました。ジャンプした時とかにゴスッとはまっちゃうといかんでね。いい感じなったので本締めします。

いいんじゃないでしょうか!?跨った感じだと「ぉ、ぉぅ・・・」ぐらい硬く感じます!あんまり変わりませんでした!!

シートまで付けて跨ってみましたが、車高はいくらか上がりました。そりゃそうだ。これで次のレースは脱DO☆彡BEを目標に頑張ろうと思います!



暑い。汗だく。